不動産投資の第一歩が踏み出せない僕が大家さんになるまでの成長(?)記録を綴っていきたいと思います. どんな困難や壁が待っているのでしょうか? はたして大家さんになれるのか.諦めてしまうのか. このブログがどんな結末になるのかは想像がつきません。。。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不惑の僕が大家さんになるまで

不動産投資という言葉に興味を持ち,勉強をはじめてもう5年。。。 いまだに行動を起こせない僕が,一歩目を踏み出すまでの思考や行動を記録していくブログです.

いつやる?

賃貸経営の考え

 

 

前回は賃貸経営成功のための時間的側面のお話をしました.

今回は賃貸経営をはじめるタイミングを考えてみます.

 

やりたいときがはじめどき?

 

賃貸経営をいつはじめるかという事について,

ブログやネットの記事などで様々な方のご意見を拝見します.

これについて正解不正解は無いとは思います.

 

不動産価格の相場を見たり,銀行の融資状況を見たり,

物件が見つかり次第,仲介業者に背中を押されて,など

外的な要因と

いつまでサラリーマンが続けられるか不安,相続に備え,

年金対策,など 内的要因 が挙げられます.

また,タイミングなんてまったく意識しないという方も

おられると思います.

 

僕が思う賃貸経営を始めるのに適したタイミングは

「安定しているとき」「良いとき」  です.

仕事の状況や家庭の状況,体の調子など

自分の環境が安定しているときは,

余裕をもって物件探しをできたり,

銀行の融資を得やすかったりすると思います.

 

あえて安定を崩せるか?

 

状況が良い時にあえてリスクを取って

行動するというのは非常に勇気がいると思います.

誰でも良い状況はずっと続くと考えたいものです.

 

しかし一旦歯車が狂って状況が悪くなると

時間の使い方もお金の流れも一変するのではないかと思います.

 

生活の状況が安定しているときこそ

取れるリスクは取っておくべきだと思います.

 f:id:sikiso9ze9:20161102062946p:plain

今日も最後までお読みいただきありがとうございました.