不動産投資の第一歩が踏み出せない僕が大家さんになるまでの成長(?)記録を綴っていきたいと思います. どんな困難や壁が待っているのでしょうか? はたして大家さんになれるのか.諦めてしまうのか. このブログがどんな結末になるのかは想像がつきません。。。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不惑の僕が大家さんになるまで

不動産投資という言葉に興味を持ち,勉強をはじめてもう5年。。。 いまだに行動を起こせない僕が,一歩目を踏み出すまでの思考や行動を記録していくブログです.

あえて借りてみる

母の物件

 

行ってみたかったんです

 

 

母の物件のフェンス工事の続報です.

安い見積もりを出してくださった業者さんに

施工を依頼しました.

 

施工価格が想定内に収まったこともあり

自己資金でまかなえるとのことでしたが

僕は母に強烈に借り入れをプッシュしました.

 

f:id:sikiso9ze9:20161122232813p:plain

 

 

理由は3つあります.

  1. 自己資金の温存
  2. 金融機関への実績づくり
  3. 僕が借入の相談に行ってみたかった

 

1.については築古物件ですので想定外や

予定外の修繕がいつ発生するかしれません.

また年金暮らしの母でも事業資金であれば

融資が利用できる可能性があります.

なんといっても通帳に残高があることが

精神的安定につながります.急に入院などと

なっても消費者金融ぐらいしか

お金を貸してくれないのではないでしょうか?

 

やはり 現金は最強 だと思います.

「借りれるものは事業資金として借りて

いざとなったら一括返済すればよい」と

現金の温存を母に薦めました.

 

2.についてですが,金融機関に対しては口座開設や

少額の融資などの小さな取引から開始し実績をつくり

大きな融資を引き出していくことが付き合いのコツ

と教えてもらったことがあります.

 

今回の融資を半年程で完済し,その後外壁塗装の

費用の融資を得ようと思っています.

 

その後は 物件の建て替えも・・・?

 

3.についてですが,今回は日本政策金融公庫さまに

融資のお願いにいきました.

自分が事業を開始するにあたり

融資のお願いに行く可能性があると考えています.

融資の流れや,面談の雰囲気,面談内容など

経験しておきたかったのです.

とても勉強になりました.

 

融資の審査結果はまだ出ていないようですが

通っても通らなくても

とても意味のある経験でした.

 

とはいえやっぱり承認されたいです.

 

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました.